いつもお世話になっております。

雑多な妄想や日常を書いていきます。

火事と肌ケアと最低

お久しぶりです、僕です。

 

最近めちゃくちゃ寒い。

シェアハウスにはエアコンとファンヒーターがあるが、エアコンは同居人のOさんが「乾燥するから嫌です」と言うので使えず、ファンヒーターに至っては埃まみれだし部屋は畳だしで怖くて使えない。

この家を燃やすことに抵抗はないが、路頭には迷いたくはない。

 

寒くなってきたということで乾燥が気になり、化粧水や乳液を買った。

男のくせに化粧水…?という輩は男塾に帰ってくれ。

とはいえ僕も乳液は初めて使う。化粧水は何となく使ってきたが、この際乳液と一緒に使い方を知っておこうと思って調べてみた。

結果としては、よくわからなかった。化粧水→乳液という順で使うということしか覚えていない。

僕が覚えられないものはこの世に新宿駅の構内」「肌ケアの仕方」のみだ。

 

使い方に関しては置いておくとして、化粧水を顔に馴染ませる時、顔ビッシャビシャにならない?ビッシャビシャというかシッタシタ。

しかもシッタシタになるくらいの分量で手を水源にする訳なので、水源を両手に分ける際にボタボタこぼれる。

これは「あるある」なのだろうか。「あるある」ならやっぱなるよね~!でめでたしめでたしなんだけど、「ないない」なら恥ずかしさとふがいなさで困窮してしまう。

 

困窮すると言えば、僕のBluetoothイヤホンに関する見解だ。

初めてBluetoothイヤホンを買った。

使ってみた感じ、確かにコードがないのは楽かもしれない。僕が買ったのは安い物だったので、しっかりしたものを買えば音質や接続も良くなるだろう。

ただ一つ思ったことがあって、Bluetooth、ぜってえアダルトビデオ観るために開発したでしょ??

ごめんなさい科学。誰に謝ればいいか分からないので科学に謝っておきます。

だってピッタリなんだもん、使用感が。

や、別にいいんです。発展の結果でもあるだろう。作ることができるから作ったんだろう。

ただ、もし少しでも、自分の欲望に忠実になった結果だと思うなら手を挙げてほしい。みんな目を瞑っているから。

 

ホラやっぱり!!