いつもお世話になっております。

雑多な妄想や日常を書いていきます。

トイレットペーパーが1枚もないシェアハウス

トイレットペーパーが無い。

ストックが無いなんていうセーフゾーンはとうに超えている。本部にすらないんだ。

助けてください、マジでこの家どうなってんだ。

このシェアハウスではトイレットペーパー、ゴミ袋、電球や洗剤をオーナーが補充してくれる。ただし、ラインなどであらかじめ言っておく必要がある。

 

僕は5日くらい前から、そろそろラインしなきゃと思っていた。でもしなかった。

 

ちゃんと理由がある。僕は義憤に駆られていたんだ。

ここの住人は、沸かしたお湯の残りを、捨てずにそのままにする。許されんぞ、違う惑星だったら死刑にしてるとこもあるだろうな。ちゃんとしてくれ、そう思った。

 

僕はお前たちのママじゃねえんだ。トイレットペーパーくらい自分で管理しな。

 

と意気込んで、今日だよ。ゼロじゃん。無じゃん。

いや、僕が困るのもそうだけどさ、みんなどうすんのさ。お腹痛くなったりしないの?僕はなるよ、この時期は特に。ウンコとかどうすんの。よしんばお小水はどうにかなるとして、ウンコは無理っしょ。

 

いや、僕が素直にラインしとけって話なんですよ、それで終わるんです。この話は。

だけど終わらせてたまるか、僕は断固として声を上げ続ける。

 

ゴミ捨てはやってくれるんです、彼ら。掃除は僕しかしないけど。

というか、逆になんでゴミ捨てはやってくれるの?

出かける時の流れで捨てられるから?残して置いといたら臭いから??

でも、ウンコも残ってたら臭いじゃん。

誰もが赤子の時に経験してきただろ。本能で感じ取れよ。トイレットペーパーが無い世界の怖さを。

あと、リビングにトイレットペーパーの切れ端とかがポロポロ落ちてるときあるけど、何してんだよあれ。頼むから人知を超えたことをしないでくれ。

もったいない。あの落ちてるトイレットペーパーをつなぎ合わせたら一回分くらいにはなるんじゃないのか。

 

あ~~~~ウンコして~~~~~~~