いつもお世話になっております。

雑多な妄想や日常を書いていきます。

冬のライフハック、地獄で牛乳を配ろう。

闇に隠れて生きる、そんな妖怪人間みたいな文章が存在する。

過去の僕のnoteだ。妖怪人間たちに、光を当ててあげたい。

ということで、ここで少し書き直してお送りする。

だから人間にしてあげて。お願い。

______________________________________

 

誰かの役に立ちたい。

 

そう思ったことはありませんか?

かくいう僕もその1人です。今日はそんな方々に耳寄りな情報を持って参りました。

 

地獄で牛乳を配りましょう。

 

皆さんご存知みたいな顔してすみません。分かりづらかったでしょうか。

順を追って説明します。

 

地獄って、つらい場所なんです。

行ったことない方のために説明したいのですが、調べてみたら結構細かく設定されていることが多くて、なんだ、これ読まされるなんて、ここがホントの地獄かな?なんつって…

あ、ちょ…すみませんでした。待ってください。話を聞いてください。

 

すごく簡単に言うと地獄は8階層になっていて、下に行く程罰が重かったり、残酷になったりするというシステムです。そしてそこで途方もない時間を過ごすことになります。

 

恐ろしい。でも、こんなムチに全振りのステータスでいいのでしょうか?マリオのステージが全部針だったらゲームとして成り立ちません。

希望と絶望、アメとムチのバランスが重要なんです。

 

地獄にはアメが必要です。

そう、アメは牛乳です。

 

ここでやっと先述した提案に戻ります。

 

地獄で牛乳を配りましょう。

地獄でのアメとムチは、気持ちの落差がスッゴイはずです。

風呂上がりの牛乳程度の幸せを与えることで、次の罰による苦痛が何倍にも跳ね上がるでしょう。跳ねまくりですよ。まるでトビウオです。

罪人も跳ねまくること間違いなしです。

 

それだけじゃありません。

このサービスのスゴイところは、罪人だけでなく鬼の方々にも牛乳を支給するという点です。

同じ釜の飯を食う、と言いますよね。誰が言ったんでしょう。初めてこれを言った人はみんなに、ん…?って顔をされたことでしょう。今のみなさんと同じ顔です。

 

罪人が飲む牛乳と同じ宅配トラックから運ばれてきた牛乳を鬼にも飲ませることで、罪人は鬼を「同じ行動をする仲間」だと錯覚する。

 

罰→牛乳→罰→牛乳→ 以下ループ、THE END…

 

この「牛乳インターバルシステム」、通称GISによって、地獄は劇的に変わります。

 

僕たちが、地獄を変える。

 

G   I   S

 

地獄に革新を。

 

 

というような事を部屋で考えていたら、気づけば外が暗くなっていました。

冬が近づくにつれ、ボーッとしてるだけですぐに外が暗くなることに気づきました。

早く一日を終わらせたい方は、ぜひ試してみてください。

______________________________________

 

こんな感じの文章がたくさんある僕のnoteはこちらです。

ぜひ覗いてみてください。何も見えないかもしれません。

note.mu