いつもお世話になっております。

雑多な妄想や日常を書いていきます。

酸いも甘いも嚙み分けて

闇に隠れて生きる、そんな妖怪人間みたいな文章が存在する。

過去の僕のnoteだ。妖怪人間たちに、光を当ててあげたい。

ということで、リライトした。

だから人間にしてあげて。お願い。

______________________________________

 

僕はまいばすけっとが好きだ。

 

好き、まいばすけっと

 

まいばすけっとを初めて見たあの頃は、見下していた。
まいばすけっとって(笑)逆に?逆にひらがななの?(笑)さむ~~~

 

さむいのは僕だ。死に値する。よく今までぬけぬけと生きてこれたものだ。

最近自炊をするようになってようやく気づいた。まいばすけっとは、ちょうどいい。

値段の面や品ぞろえの面では確かに他より劣るかもしれないが、雰囲気が好きなんだ。

 

色に例えるなら白。そこは誰でも受け入れてくれる解放区であり、そこでは誰もが法なのだ。

あの日、僕はいつも通りあの独特な空気を体に取り込みながらまいばすけっとを堪能していた。

レジ待ちの列に並びながらチョコエッグを買うか否か悩む僕の耳に、”それ”は突如として鳴り響いた。

 

 

ワオォン!!

 

 

蹴られた犬の断末魔?犬を愛する僕の前でよくそんなことができたものだ、許さねえ。

 

即座にレジを睨みつけた僕の目に映ったのは、エロティックな赤紫色のカードだった。

WAONカード。お前のことは知っている。悪魔め。

WAONカードはレジでそのカードを渡すと鳴り響くのだ。ワオォン!!と。

 

何がワオォン!!だ。そんな効果音あっていいの?誰が決めたの??

試作段階にヤバいやつが紛れ込んでいたとしか考えられない。

効果音を変えて欲しい。使うのを目撃するたびに叫び声が聞こえるなんてたくさんだ。

 

もしかしたら、

 

もしかしたらある時のワオォン!!は、「旦那、今日もポイント貯めまっせ〜〜?」かもしれない。

ある時は、「そばにいるよ、僕だけは君のそばにいる。」のワオォン!!かもしれない。

 

しかし、僕があの時聞いたワオォン!!は、あの胸を裂くようなワオォン!!は、きっと僕に助けを求めていたんだと思う。

かわいそう。

悲痛に満ちたWAONカード。

 

いつか僕がまた君の声を聞く時は、愛を叫んでくれますか?

______________________________________

 

こんな感じの文章がたくさんある僕のnoteはこちらです。

ぜひ覗いてみてください。何も見えないかもしれません。

note.mu