いつもお世話になっております。

雑多な妄想や日常を書いていきます。

哲学堂公園に行って自分を見つめ直してきた。

 

f:id:beenteppou:20181115215022j:plain

こんにちは、僕です。

いきなり人を馬鹿にしたような顔で出てきてすみません。

今日はいつもみたいに汚い部屋着ではないんです。

なぜなら…

 

行きたいところがあるから!

 

先に行ってますね、もう着替え終わってるんで。

______________________________________

 

僕は今、哲学堂公園という公園に向かっている。

というのも、僕は最近怠惰な自分に嫌気がさしていて、自分を見つめ直したいと考えていた。そしていつものように地図アプリを見て暇をつぶしていたら、哲学堂公園という場所が。

哲学堂。絶対見つめなおせる。そして今に至る。

哲学堂には何があるかよくわからない。ただ、地図を見るとそこそこ大きくて、野球場やテニスコート売店やトイレもあるようだ。トイレ行きたい。

 

ちゃんと見ずに出発したが、よく見たら片道3キロ。徒歩40分くらい。

出不精の僕にはピッタリだ。これで一週間外に出なくて済む。

 

というか、それだけ歩いたら着くころには自分を見つめ直せているのでは?

余計なことを考えるのはやめよう。

______________________________________

 

f:id:beenteppou:20181115220552j:plain

そんなことを言っていたら、こんなものが。左下には犬のうんちを取っていきなさい、という主旨の看板。犬宛てかのような配置だけど、しっかりうんちを取れよ、人間。

 

あと2.6キロ。まじかよ。

______________________________________

 

f:id:beenteppou:20181115222746j:plain

急に現れた子どもたち。兄妹だろうか。ガチャガチャにありそうな構図で立っている。

もしくはゴール際でせめぎ合っているサッカー選手のようだ。悲壮感の漂う目をしている。

 

ていうかすっごい短パンだな。

______________________________________

 

道中、ウインナーの匂いがする道があったり、建設現場の人たちが仲間の火傷の痕をいじって笑い合っているという場面もあった。そんなことするな、ばっちいな。

 

どんどん住宅地に入っていく。何も考えられない。尿意が僕を襲う。

何も考えられないのは暑さのせいか、それとも尿意のせいか。

先を急ごう。

______________________________________

 

f:id:beenteppou:20181115223831j:plain

着いた。

雰囲気がすごく良い。あと、たくさん人がいる。

野球場を使っている小学生たちとその親、スケッチしている学生、ウォーキングしているおじさんおばさん。

人類における全世代がここにいる気がする。さすが哲学堂公園

トイレもあった。ギリギリ助かった。ありがとう哲学堂公園

 

f:id:beenteppou:20181115224157j:plain

売店

固く閉ざされていた。チクショウ。木も写真に入り込んでるし。Wチクショウだよ。

だけど売店のために来たんじゃない。気を取り直して散策しよう。

______________________________________

f:id:beenteppou:20181115224519j:plain

公園の案内地図。めちゃくちゃ書いてある。

テニスコートが6面もあって野球場は2つあるのか?

でっけ。近所の人たちにとっては便利だ。自然もたくさんあっていいな~。

 

そんなこと言ってられない。しゃらくせえ。僕は先に行くぜ。

 

f:id:beenteppou:20181115225207j:plain

常識門。入口っぽい。

僕は入っていいのか。考えざるを得ない。

僕はここに入る人間に値するのだろうか…。

 

などと考えていたら、ジャージ姿のおっちゃんが入っていった。

誰だろうと関係ないのだ。その懐の深さこそが…

まあいい。僕も入ろう。

 

f:id:beenteppou:20181115224655p:plain

名前。

 

なんかスゴいところに迷い込んだ。

この5ヶ所、絶対にヤバい。絶対城と宇宙館が特に気になる。

行ってみよう。

 

f:id:beenteppou:20181115225519j:plain

まずは四聖堂。

名前がスゴい。化粧品みたい。

看板にはこうあった。

『本堂に東洋哲学の孔子と釈迦、西洋哲学のソクラテスとカントの世界的四哲人を奉祀している。』

 

てんこ盛り。

 

小学生が考えたカードの効果?

哲学堂という名前にふさわしい、すべてが詰まっているんだな。ここには。

 

f:id:beenteppou:20181115230052j:plain

絶対城に着いた。

図書館とされているようだが、開いていなかった。

普段から開いているような感じでもなかったので、ここにはすべての書物があるぞ、という意味での図書館なのだろうか。

 

 …

 

f:id:beenteppou:20181115230301j:plain

ん…どこ見ているんだろう…。

 

 

f:id:beenteppou:20181115230651g:plain

あっ、松ぼっくりか~~~!

 

 

こんなことやってるからダメなんだ。

礼節を忘れるな。

先に進もう。

 

f:id:beenteppou:20181115230914j:plain

日光??違う、都会の真ん中だよ、フフフ。

 

素敵な雰囲気の場所だな、ここは。静かで心地よい。

これは、六賢臺(ろっけんだい)というもの。

『ここに東洋的六賢人として、日本の聖徳太子菅原道真、中国の荘子朱子、印度の龍樹・迦毘羅を祀っている。』

 

またまたてんこ盛りのやつだ。詰まっているなあ。

いか飯くらい詰まってる。

______________________________________

 

どれだけ探しても、宇宙館が見つからなかった。その名の通り宇宙とつながっているのだろうか…。

 

そんなことはなかった。工事中だっただけだ。

______________________________________

 

哲学堂公園、すごかったな。いろいろ詰まってた。

帰ってから調べたのだが、長い歴史と趣のある公園だった。

哲学堂公園は、明治37年に哲学者で東洋大学創立者、故・井上円了博士によって精神修養の場として創設された、哲学世界を視覚的に表現し、哲学や社会教育の場として整備された全国に例を見ない個性的な公園です。
昭和50年に中野区立公園となってからも、古建築物の修復、整備を重ね、また中野区内でも有数の花の名所として親しまれる公園となっています。広大な敷地内には野球場・庭球場弓道場もあります。

昔、哲学堂公園の地は、源頼朝重臣である和田義盛城址でありました。

哲学者であり、東洋大学の創設者でもある故・井上円了博士が、明治37年小石川原町(文京区白山)に開設された哲学館大学(現・東洋大学)を記念して「四聖堂」を建設しました。

引用元(http://tetsugakudo.jp/park/#i

 

そろそろ帰ろう。

______________________________________

 

帰る途中にもたくさんの公園があり、その中には砂場もあった。

砂場には犬のウンチが混じっているイメージがあるのだが、今はどうなんだろう。

そんなことを考えながら家路につく。

 

犬のウンチの事を考えていたら犬に吠えられるというハプニングもありながらも、無事帰宅した。

 

 

僕は自分を見つめなおせただろうか。

これから僕はどこに向かうのだろう。

どこに行くにしても、僕は僕。それは変わらない。

 

 

たくさん歩いてお腹空いたからご飯食べよ!

______________________________________

 

意外と、あなたの町の公園にも歴史や文化があるかもしれません。

調べてみると面白いですよ。

ちなみに、以前住んでいた町のよく行っていた公園について調べてみたら、昔は貝塚だったことが分かりました。そんなことなら調べなくてもよかった。

 

では僕は、ご飯を食べるので失礼します。

 

おわり

______________________________________

 

おまけ

龍みたいな道。

これを撮った時にはすでに何も考えられない状態だったんだと、そう信じたい。

 

f:id:beenteppou:20181115233749p:plain