いつもお世話になっております。

雑多な妄想や日常を書いていきます。

あなたは傘をさす人か。

闇に隠れて生きている、そんな妖怪人間みたいな文章が存在する。

過去の僕のnoteだ。そんな妖怪人間たちに、光を当ててあげたい。

人間にしてあげて。頼む。

______________________________________

 

突然だが、あなたは雨が降ったら傘をさすか。

雨にうたれる自分が好きだという方もいるだろう。大丈夫。みんなそういう時期あるから。

そういう人たちはとりあえず、端っこの方で雨にうたれながら待っていて欲しい。

まずは話を聞いてくれ。

______________________________________

 

傘をさす人々を2種類に分けるなら、「でっかくてジャマな長い傘派」か、「スマートでコンパクトでエレガントな折りたたみ傘派」だ。

公平な立場から代表して言わせて頂くが、スマートでコンパクトでエレガントな折りたたみ傘の圧勝だと言わざるを得ない。

 

折りたたみ傘。彼はどこにでも一緒に行ける相棒。

袋に入れてあげれば、鞄にだって入れることができる。そして空が翳り、パラパラと僕に降り注ぐその瞬間、現れるのだ。世界の中心で愛を叫んでくれるのだ。

ちなみに断っておくが、パラパラと降り注ぐのは雨である。断じて炒飯のことではない。炒飯よ降ってしまえ、という自暴自棄な日も無いとは言わないが、神は炒飯が大地に降り注ぐことを望んではいない。

 

話が逸れてしまった。

兎に角、折りたたみ傘がスマートでコンパクトでエレガントたる所以、そしてアンブレラ・スプリームであるということを分かって頂けただろうか。

 

しかし。

雨が強かったら、どうか。

滝のような雨が僕に降りかかる日が来るかもしれない。そうなればTHE ENDだ。

エンドロールの最後にフワッと"映倫"と出す用意をしなければ。きちんと右端に。

 

これは強敵だ。スマートでコンパクトでエレガントなままでは太刀打ちできない。

十中八九折れる。折りたたみ傘の唯一の弱点は、守備範囲が狭いということ。

両肩のどちらかはびしょびしょになるだろう。最悪削げ落ちる。

 

待ってはくれないんだ、雨は。遊びじゃないんだ。

 

負けてしまうのか、僕たちは。

 

否。

 

僕らにはまだハルクがいる。でっかくてジャマだったはずのあいつが。誰かとすれ違う度にぶつかりまくり、手に余っていたあいつが。

どんなにたくさんの雨が降り注ごうとも、彼の大きな体で、その心意気で、僕を包んでくれる。

暖かい。

折りたたみには無い暖かみだ。折りたたみには無い暖かみ、ラップみたいだ。YO。

______________________________________

 

僕はいつしか、カッコよさと世間体だけでこの世界を見ていた。

でも、そんなの間違ってる。

大切なのは優しさだ。優しさをもって世界を見れば、どんなものにも、どんなことにも価値を見出せる。

 

折りたたみ傘も長い傘も、変わらないんだ。やっと気づくことができた。

良いところも悪いところもこの世界には必要なんだ。共に生きていかねば。

 

あえて言おう。愛だ。

傘、それは、愛。

 

 

まあ傘をささない君たちはでんぢゃらすじーさんで出てきたように素っ裸に油を塗って出掛けてくださいよ。そうすれば目が覚めるから。

あったよね?ちがった?

______________________________________

 

こんな感じの文章がたくさんある僕のnoteはこちらです。

ぜひ覗いてみてください。何も見えないかもしれません。

note.mu