いつもお世話になっております。

雑多な妄想や日常を書いていきます。

無邪気という、子どもの業

丸ノ内線に乗った。

席は若干空いていたけど、僕は3駅しか乗らないので立っていた。

ふと目の前に座っている人を見たら、昔よく行ってた駄菓子屋のおじいちゃんにめちゃくちゃ似ていた。

僕は降りるまでずっとその人を見ていた。途中で目が合ったのは不審なくらい見てたからか、今思えば。

僕はノスタルジーに浸るとともに、駄菓子屋で犯したカルマを思い出していた。

 

その駄菓子屋は普段おばあちゃんが犬と二人で切り盛りしていて、たまに孫とそのお母さんがいたりした。おばあちゃんの家の縁側みたいな雰囲気があって、僕はそれが好きだった。

そんな駄菓子屋なんだけど、とても低い確率でおじいちゃんが切り盛りする日がある。

おじいちゃんは僕らにとても優しかった。当たり付きのお菓子で10円を当てた時に30円分のお菓子を買わせてくれたり、当ててもいないのにきなこ棒をもう一個くれたりした。

 

ある時、友達二人と一緒に駄菓子屋に行った。

どうしてそうなったのかは覚えていないが、僕は手がベトベトの状態だった。理由は分からないけど体の一部がベトベトになることが子どもにはあるのだ。

で、夏ではなかったと思うけどその日は暑くて、アイスを食べようという話になった。

しかし僕の手はベトベトだ。こんな手でアイスなんか食べられない。汚い。

そう思った僕は、アイスが入っているケースの中が霜でスゴイことになっているのに気づいた。

 

頭より先に体が動いていた。僕はまるで洗脳されたように、無心で霜に手をこすりつけた。多分少しおかしくなっていたんだと思う。暑かったから。

友達にも勧めた。ここで洗えんぞ!?みたいな感じで盛り上がったのを覚えている。

 

スッと横を見たら、おじいちゃんがびっくりしていた。

悲しそうでもなく、怒っているようでもなく、ただ絶句していた。

友達が霜に手をこすり続ける中、僕はおじいちゃんを見て「すごくいけないことをした」気分になった。一気に熱が引いて僕は…僕はどうしたんだろう。

 

覚えているのははここまでだ。あの冷え切った空間で僕はどうしたんだ。

きっとその後の記憶は僕の脳が封じ込めたんだろう。トラウマで狂ってしまわぬように。お優しい脳め。

その後、どうなったんだろう。謝ったりした覚えもない。

 

記憶の中では、友達が悠久の静寂の中で霜に手をこすりまくっていて、僕はただ唖然と立ち尽くしているだけ。それがGIFのように永遠にループする。

 

あの時はごめん、おじいちゃん。

 

モーモーヨーグルを食べて笑っているのは多分別の日の記憶だと思う。

トイレットペーパーが1枚もないシェアハウス

トイレットペーパーが無い。

ストックが無いなんていうセーフゾーンはとうに超えている。本部にすらないんだ。

助けてください、マジでこの家どうなってんだ。

このシェアハウスではトイレットペーパー、ゴミ袋、電球や洗剤をオーナーが補充してくれる。ただし、ラインなどであらかじめ言っておく必要がある。

 

僕は5日くらい前から、そろそろラインしなきゃと思っていた。でもしなかった。

 

ちゃんと理由がある。僕は義憤に駆られていたんだ。

ここの住人は、沸かしたお湯の残りを、捨てずにそのままにする。許されんぞ、違う惑星だったら死刑にしてるとこもあるだろうな。ちゃんとしてくれ、そう思った。

 

僕はお前たちのママじゃねえんだ。トイレットペーパーくらい自分で管理しな。

 

と意気込んで、今日だよ。ゼロじゃん。無じゃん。

いや、僕が困るのもそうだけどさ、みんなどうすんのさ。お腹痛くなったりしないの?僕はなるよ、この時期は特に。ウンコとかどうすんの。よしんばお小水はどうにかなるとして、ウンコは無理っしょ。

 

いや、僕が素直にラインしとけって話なんですよ、それで終わるんです。この話は。

だけど終わらせてたまるか、僕は断固として声を上げ続ける。

 

ゴミ捨てはやってくれるんです、彼ら。掃除は僕しかしないけど。

というか、逆になんでゴミ捨てはやってくれるの?

出かける時の流れで捨てられるから?残して置いといたら臭いから??

でも、ウンコも残ってたら臭いじゃん。

誰もが赤子の時に経験してきただろ。本能で感じ取れよ。トイレットペーパーが無い世界の怖さを。

あと、リビングにトイレットペーパーの切れ端とかがポロポロ落ちてるときあるけど、何してんだよあれ。頼むから人知を超えたことをしないでくれ。

もったいない。あの落ちてるトイレットペーパーをつなぎ合わせたら一回分くらいにはなるんじゃないのか。

 

あ~~~~ウンコして~~~~~~~

冬のライフハック、地獄で牛乳を配ろう。

闇に隠れて生きる、そんな妖怪人間みたいな文章が存在する。

過去の僕のnoteだ。妖怪人間たちに、光を当ててあげたい。

ということで、ここで少し書き直してお送りする。

だから人間にしてあげて。お願い。

______________________________________

 

誰かの役に立ちたい。

 

そう思ったことはありませんか?

かくいう僕もその1人です。今日はそんな方々に耳寄りな情報を持って参りました。

 

地獄で牛乳を配りましょう。

 

皆さんご存知みたいな顔してすみません。分かりづらかったでしょうか。

順を追って説明します。

 

地獄って、つらい場所なんです。

行ったことない方のために説明したいのですが、調べてみたら結構細かく設定されていることが多くて、なんだ、これ読まされるなんて、ここがホントの地獄かな?なんつって…

あ、ちょ…すみませんでした。待ってください。話を聞いてください。

 

すごく簡単に言うと地獄は8階層になっていて、下に行く程罰が重かったり、残酷になったりするというシステムです。そしてそこで途方もない時間を過ごすことになります。

 

恐ろしい。でも、こんなムチに全振りのステータスでいいのでしょうか?マリオのステージが全部針だったらゲームとして成り立ちません。

希望と絶望、アメとムチのバランスが重要なんです。

 

地獄にはアメが必要です。

そう、アメは牛乳です。

 

ここでやっと先述した提案に戻ります。

 

地獄で牛乳を配りましょう。

地獄でのアメとムチは、気持ちの落差がスッゴイはずです。

風呂上がりの牛乳程度の幸せを与えることで、次の罰による苦痛が何倍にも跳ね上がるでしょう。跳ねまくりですよ。まるでトビウオです。

罪人も跳ねまくること間違いなしです。

 

それだけじゃありません。

このサービスのスゴイところは、罪人だけでなく鬼の方々にも牛乳を支給するという点です。

同じ釜の飯を食う、と言いますよね。誰が言ったんでしょう。初めてこれを言った人はみんなに、ん…?って顔をされたことでしょう。今のみなさんと同じ顔です。

 

罪人が飲む牛乳と同じ宅配トラックから運ばれてきた牛乳を鬼にも飲ませることで、罪人は鬼を「同じ行動をする仲間」だと錯覚する。

 

罰→牛乳→罰→牛乳→ 以下ループ、THE END…

 

この「牛乳インターバルシステム」、通称GISによって、地獄は劇的に変わります。

 

僕たちが、地獄を変える。

 

G   I   S

 

地獄に革新を。

 

 

というような事を部屋で考えていたら、気づけば外が暗くなっていました。

冬が近づくにつれ、ボーッとしてるだけですぐに外が暗くなることに気づきました。

早く一日を終わらせたい方は、ぜひ試してみてください。

______________________________________

 

こんな感じの文章がたくさんある僕のnoteはこちらです。

ぜひ覗いてみてください。何も見えないかもしれません。

note.mu

運命はいつもそう

闇に隠れて生きる、そんな妖怪人間みたいな文章が存在する。

過去の僕のnoteだ。妖怪人間たちに、光を当ててあげたい。

ということで、書き直した。

だから人間にしてあげて。お願い。

______________________________________

 

人に言いたくない黒歴史というものは、誰にでもあるものだろうか。

 

僕にはある。中高生の時だ。

 

アメブロを始めて大きな文字で黒木メイサが好きですなどと書いたり、某動画サイトにゲーム実況動画をアップしたり。

つまらなさに拍車がかかっていた。拍車どころか重戦車が牽引しているレベルだ。

まあそんなこと言ったら、今だって未来の僕からすれば十分黒歴史かもしれないが。

 

「あ〜〜〜面白くなりたい。なりたいなりたい!ぴえぇぇ〜〜ん。」

今日も僕は、ベッドの上で白い天井を見上げながら泣いていた。

 

「泣くなァ!過去の僕よ!!」

そこには僕がいた。

 

「あ、あなたは…未来の、僕…?」

「そうですあたしが、未来のおじさんです!なんつって〜!いやー過去の僕がさ、可哀想になっちゃって、来ちゃったみたいな?激励だよ、激励。ゲキレイ本格焼きおにぎりだよ。」

 

!?

 

明らかに質が落ちている。

僕は面白くなりたいと言って悩んでいるのに、未来から来た僕は今よりも…言葉にしたくない。だけどコイツは、今の僕よりも絶対に面白くない…

 

僕は未来のどこで間違えたんだ。

どうしてこんなお昼の番組の大御所芸人レベルに落ちてしまったんだ。今からでも、僕の笑いのセンスを磨かなければ…!

否!

今からじゃ遅いのか…?その可能性は大いにある。

未来の僕がこんなことになったのは、未来の僕が今の僕の頃、さらに未来の僕が来た結果なんだ。時間軸は固定されている。変えることのできない未来かもしれない。

だけどここで諦められる訳がない。目の前にこんなゲボカスみたいな自分が現れて、このままボーッとしていられるか。

 

「やい、未来から来たっていうお前!僕はお前が未来の僕だなんて信じない!だけど真実なら、それが真実なら変えてやる!!1年後、またこの場所に来い!!僕がお前を変えてやる!!」

 

気付くと未来の僕は消えていた。消え方すら面白くない…。

 

それから1年、僕は地獄のような修行を乗り越えた。

ある時は昔のお笑いのDVDを引っ張り出して動きの1つひとつまでメモして真似た。

ある時はCMを参考にして、人が面白いと思うようなキャッチ-な言葉は何か研究した。

 

「そろそろだ…そろそろ1年。未来の僕と会ったあの日から、ちょうど1年だ…!」

 

ペカッーーーーー!

 

僕の部屋に光が溢れた。

「ウゥ…壁が白いから嫌に反射する…!だけどこの登場、期待できる!どう変わったんだ僕は!見せてくれぇ!!」

 

 

「そうですあたしが、未来のおじさんです!」

 

ダメだこりゃ。

______________________________________

 

こんな感じの文章がたくさんある僕のnoteはこちらです。

ぜひ覗いてみてください。何も見えないかもしれません。

note.mu

あるあるだけで組み立てられたそれはまるでレゴのような

闇に隠れて生きる、そんな妖怪人間みたいな文章が存在する。

過去の僕のnoteだ。妖怪人間たちに、光を当ててあげたい。

ということで、少し書き直した。

だから人間にしてあげて。お願い。

______________________________________

 

僕はファミリーマートが大好きだ。

それは揺らぐことのない事実であり、真実。

 

だけど、最近の僕はセブンイレブンにばかり行ってしまう。

もちろんファミリーマートは好きだ。信じてくれ、僕が今まで君に嘘を吐いたことがあったかい?わかるだろ、ファミリーマート

 

でもセブンイレブンのパンは美味しいし、豆腐とひじきのサラダは今まで僕の中にあったサラダヒエラルキーをぶち壊すほどの美味しさなんだ。君もわかるだろ。

 

ファミリーマート、君はなんというかその…ファミチキだけ…というか…いや、ファミチキは好きだよ!本当に。だけどその…わかるだろ?

 

たまには息抜きしたいんだ、僕は。それだけさ。何も変わってないよ、君への想いは。
僕の目を見て。嘘を吐いているように見えるかい?

 

ほら…こっちへおいで、ファミリーマート。仲直りだ。ハハ、やっぱりあったかいな、君のホットスナックは…なんだよ、ちょっとふざけただけさ!

あぁ、こんな日がずっと続けばいいな。そうだ、明日は…

 

ん?

 

ウ、ウワァ!!なんだお前ら!!!離せ!!ファミリーマートから離れろ!!

僕らをどこへ連れて行く気だ!!!ウワァー!!やめろー!!!!

 

バタンッ

 

先生…また失敗ですか…。彼の症状は一体?

 

あぁ、君は彼を見るのは初めてだったね。
彼は海外ドラマの見過ぎでおかしくなったんだ。近所のコンビニとロマンスを演じているんだよ。ぶっ飛んでるだろ?この感染症を治すのは不可能かもしれんな。

 

だから何かとキザだったんですね…わかるだろって何回言うんだと思いましたよ…。人に夢を見せるこの感染症…治療は、正しいことなんでしょうか…。
おっと、そろそろ次の患者が来る時間ですね。

 

そうだな。今日は次で最後だ。早く終わらせたいんだ、用があってね。

 

これは珍しい。用事ですか。先生も、やっと家族サービスする気になったんですか?この前奥さんに言われたこと、よっぽど刺さったみたいですね。

 

茶化さないでくれ、そんなことじゃないよ。ただ撮影があるからその準備さ。

 

撮影?何のですか?被験体の撮影ならエージェントに任せてあるでしょう。

 

被験体?あぁそうじゃない、ただの撮影だよ。ヤンマガの表紙や巻頭に載せてもらえることになってね。だから早く帰ってシャワーを浴びてから行きたいんだ。現場で浴びるわけにはいかんだろう。

 

せ、先生…あなたまさか…き、緊急警報だ!!緊急警報を発令しろ!!
所内での感染を確認!!至急エージェントを呼んでくれ!!ここを封鎖するんだ!!!

 

何を騒いでいるんだ、早く外に出してくれ。急いでいるんだよ私は。
グラビア業界初だぞ、動くグラビアだ。

 

先生っ!先生、まさか自分を…吉木りさだと…?

 

 

 

ここまで書いて手が止まった。

僕は何をしているんだろう。

外を見るとさっきまで明るかった空はもう暗くなっていた。

 

 

今日も生きたな~!

______________________________________

 

こんな感じの文章がたくさんある僕のnoteはこちらです。

ぜひ覗いてみてください。何も見えないかもしれません。

note.mu

酸いも甘いも嚙み分けて

闇に隠れて生きる、そんな妖怪人間みたいな文章が存在する。

過去の僕のnoteだ。妖怪人間たちに、光を当ててあげたい。

ということで、リライトした。

だから人間にしてあげて。お願い。

______________________________________

 

僕はまいばすけっとが好きだ。

 

好き、まいばすけっと

 

まいばすけっとを初めて見たあの頃は、見下していた。
まいばすけっとって(笑)逆に?逆にひらがななの?(笑)さむ~~~

 

さむいのは僕だ。死に値する。よく今までぬけぬけと生きてこれたものだ。

最近自炊をするようになってようやく気づいた。まいばすけっとは、ちょうどいい。

値段の面や品ぞろえの面では確かに他より劣るかもしれないが、雰囲気が好きなんだ。

 

色に例えるなら白。そこは誰でも受け入れてくれる解放区であり、そこでは誰もが法なのだ。

あの日、僕はいつも通りあの独特な空気を体に取り込みながらまいばすけっとを堪能していた。

レジ待ちの列に並びながらチョコエッグを買うか否か悩む僕の耳に、”それ”は突如として鳴り響いた。

 

 

ワオォン!!

 

 

蹴られた犬の断末魔?犬を愛する僕の前でよくそんなことができたものだ、許さねえ。

 

即座にレジを睨みつけた僕の目に映ったのは、エロティックな赤紫色のカードだった。

WAONカード。お前のことは知っている。悪魔め。

WAONカードはレジでそのカードを渡すと鳴り響くのだ。ワオォン!!と。

 

何がワオォン!!だ。そんな効果音あっていいの?誰が決めたの??

試作段階にヤバいやつが紛れ込んでいたとしか考えられない。

効果音を変えて欲しい。使うのを目撃するたびに叫び声が聞こえるなんてたくさんだ。

 

もしかしたら、

 

もしかしたらある時のワオォン!!は、「旦那、今日もポイント貯めまっせ〜〜?」かもしれない。

ある時は、「そばにいるよ、僕だけは君のそばにいる。」のワオォン!!かもしれない。

 

しかし、僕があの時聞いたワオォン!!は、あの胸を裂くようなワオォン!!は、きっと僕に助けを求めていたんだと思う。

かわいそう。

悲痛に満ちたWAONカード。

 

いつか僕がまた君の声を聞く時は、愛を叫んでくれますか?

______________________________________

 

こんな感じの文章がたくさんある僕のnoteはこちらです。

ぜひ覗いてみてください。何も見えないかもしれません。

note.mu

哲学堂公園に行って自分を見つめ直してきた。

 

f:id:beenteppou:20181115215022j:plain

こんにちは、僕です。

いきなり人を馬鹿にしたような顔で出てきてすみません。

今日はいつもみたいに汚い部屋着ではないんです。

なぜなら…

 

行きたいところがあるから!

 

先に行ってますね、もう着替え終わってるんで。

______________________________________

 

僕は今、哲学堂公園という公園に向かっている。

というのも、僕は最近怠惰な自分に嫌気がさしていて、自分を見つめ直したいと考えていた。そしていつものように地図アプリを見て暇をつぶしていたら、哲学堂公園という場所が。

哲学堂。絶対見つめなおせる。そして今に至る。

哲学堂には何があるかよくわからない。ただ、地図を見るとそこそこ大きくて、野球場やテニスコート売店やトイレもあるようだ。トイレ行きたい。

 

ちゃんと見ずに出発したが、よく見たら片道3キロ。徒歩40分くらい。

出不精の僕にはピッタリだ。これで一週間外に出なくて済む。

 

というか、それだけ歩いたら着くころには自分を見つめ直せているのでは?

余計なことを考えるのはやめよう。

______________________________________

 

f:id:beenteppou:20181115220552j:plain

そんなことを言っていたら、こんなものが。左下には犬のうんちを取っていきなさい、という主旨の看板。犬宛てかのような配置だけど、しっかりうんちを取れよ、人間。

 

あと2.6キロ。まじかよ。

______________________________________

 

f:id:beenteppou:20181115222746j:plain

急に現れた子どもたち。兄妹だろうか。ガチャガチャにありそうな構図で立っている。

もしくはゴール際でせめぎ合っているサッカー選手のようだ。悲壮感の漂う目をしている。

 

ていうかすっごい短パンだな。

______________________________________

 

道中、ウインナーの匂いがする道があったり、建設現場の人たちが仲間の火傷の痕をいじって笑い合っているという場面もあった。そんなことするな、ばっちいな。

 

どんどん住宅地に入っていく。何も考えられない。尿意が僕を襲う。

何も考えられないのは暑さのせいか、それとも尿意のせいか。

先を急ごう。

______________________________________

 

f:id:beenteppou:20181115223831j:plain

着いた。

雰囲気がすごく良い。あと、たくさん人がいる。

野球場を使っている小学生たちとその親、スケッチしている学生、ウォーキングしているおじさんおばさん。

人類における全世代がここにいる気がする。さすが哲学堂公園

トイレもあった。ギリギリ助かった。ありがとう哲学堂公園

 

f:id:beenteppou:20181115224157j:plain

売店

固く閉ざされていた。チクショウ。木も写真に入り込んでるし。Wチクショウだよ。

だけど売店のために来たんじゃない。気を取り直して散策しよう。

______________________________________

f:id:beenteppou:20181115224519j:plain

公園の案内地図。めちゃくちゃ書いてある。

テニスコートが6面もあって野球場は2つあるのか?

でっけ。近所の人たちにとっては便利だ。自然もたくさんあっていいな~。

 

そんなこと言ってられない。しゃらくせえ。僕は先に行くぜ。

 

f:id:beenteppou:20181115225207j:plain

常識門。入口っぽい。

僕は入っていいのか。考えざるを得ない。

僕はここに入る人間に値するのだろうか…。

 

などと考えていたら、ジャージ姿のおっちゃんが入っていった。

誰だろうと関係ないのだ。その懐の深さこそが…

まあいい。僕も入ろう。

 

f:id:beenteppou:20181115224655p:plain

名前。

 

なんかスゴいところに迷い込んだ。

この5ヶ所、絶対にヤバい。絶対城と宇宙館が特に気になる。

行ってみよう。

 

f:id:beenteppou:20181115225519j:plain

まずは四聖堂。

名前がスゴい。化粧品みたい。

看板にはこうあった。

『本堂に東洋哲学の孔子と釈迦、西洋哲学のソクラテスとカントの世界的四哲人を奉祀している。』

 

てんこ盛り。

 

小学生が考えたカードの効果?

哲学堂という名前にふさわしい、すべてが詰まっているんだな。ここには。

 

f:id:beenteppou:20181115230052j:plain

絶対城に着いた。

図書館とされているようだが、開いていなかった。

普段から開いているような感じでもなかったので、ここにはすべての書物があるぞ、という意味での図書館なのだろうか。

 

 …

 

f:id:beenteppou:20181115230301j:plain

ん…どこ見ているんだろう…。

 

 

f:id:beenteppou:20181115230651g:plain

あっ、松ぼっくりか~~~!

 

 

こんなことやってるからダメなんだ。

礼節を忘れるな。

先に進もう。

 

f:id:beenteppou:20181115230914j:plain

日光??違う、都会の真ん中だよ、フフフ。

 

素敵な雰囲気の場所だな、ここは。静かで心地よい。

これは、六賢臺(ろっけんだい)というもの。

『ここに東洋的六賢人として、日本の聖徳太子菅原道真、中国の荘子朱子、印度の龍樹・迦毘羅を祀っている。』

 

またまたてんこ盛りのやつだ。詰まっているなあ。

いか飯くらい詰まってる。

______________________________________

 

どれだけ探しても、宇宙館が見つからなかった。その名の通り宇宙とつながっているのだろうか…。

 

そんなことはなかった。工事中だっただけだ。

______________________________________

 

哲学堂公園、すごかったな。いろいろ詰まってた。

帰ってから調べたのだが、長い歴史と趣のある公園だった。

哲学堂公園は、明治37年に哲学者で東洋大学創立者、故・井上円了博士によって精神修養の場として創設された、哲学世界を視覚的に表現し、哲学や社会教育の場として整備された全国に例を見ない個性的な公園です。
昭和50年に中野区立公園となってからも、古建築物の修復、整備を重ね、また中野区内でも有数の花の名所として親しまれる公園となっています。広大な敷地内には野球場・庭球場弓道場もあります。

昔、哲学堂公園の地は、源頼朝重臣である和田義盛城址でありました。

哲学者であり、東洋大学の創設者でもある故・井上円了博士が、明治37年小石川原町(文京区白山)に開設された哲学館大学(現・東洋大学)を記念して「四聖堂」を建設しました。

引用元(http://tetsugakudo.jp/park/#i

 

そろそろ帰ろう。

______________________________________

 

帰る途中にもたくさんの公園があり、その中には砂場もあった。

砂場には犬のウンチが混じっているイメージがあるのだが、今はどうなんだろう。

そんなことを考えながら家路につく。

 

犬のウンチの事を考えていたら犬に吠えられるというハプニングもありながらも、無事帰宅した。

 

 

僕は自分を見つめなおせただろうか。

これから僕はどこに向かうのだろう。

どこに行くにしても、僕は僕。それは変わらない。

 

 

たくさん歩いてお腹空いたからご飯食べよ!

______________________________________

 

意外と、あなたの町の公園にも歴史や文化があるかもしれません。

調べてみると面白いですよ。

ちなみに、以前住んでいた町のよく行っていた公園について調べてみたら、昔は貝塚だったことが分かりました。そんなことなら調べなくてもよかった。

 

では僕は、ご飯を食べるので失礼します。

 

おわり

______________________________________

 

おまけ

龍みたいな道。

これを撮った時にはすでに何も考えられない状態だったんだと、そう信じたい。

 

f:id:beenteppou:20181115233749p:plain